いよいよ待ちに待った小学1年生!

新しい生活が始まる春は、親も子供もそわそわする季節です。1年生のときに買ったランドセルが成長と共に小さく見えていきます。ここでは、そんな思い出と成長と共に歩んでいくランドセルについて詳しく紹介するので参考にしてください。

【PR】
男の子の贈り物として人気のランドセルを公開!
最高のプレゼントが見つかる!

ランドセルの歴史

子供たち

ランドセルの始まり!明治時代

1877年、明治10年にあった学習院では、馬車や人力車での通学が当たり前でした。しかし、荷物は付き人が持っていたり、生徒が歩かなかったりして、体力低下に繋がることが心配されていました。それから8年後の明治18年には生徒の通学は徒歩が一般的になりました。その時に教科書や筆記用具を入れるために利用されていたのは「背嚢(はいのう)」という軍隊で使用されていたバックでした。その背嚢をオランダ語で「ランセル」と言われ、言葉が訛って今のランドセルになったのです。

進化をした大正時代から昭和時代

明治時代に始まったランドセルは徐々に進化をして、牛革を使用した箱型になりました。このときに男の子は黒、女の子は赤といった風潮になったと言われています。大正時代に入り、全国にランドセルが浸透していきました。しかし、まだランドセルを採用していない地域は風呂敷に包んで登校していたそうです。

学習内容が変わった昭和中期から平成元年

昭和30年頃から学習方法に変化が表れ「宿題」の文化が生まれました。そのため教科書や筆記用具を持ち帰る習慣になったのでランドセルが必要不可欠になりました。ここから一気に全国にランドセルが浸透していき、大きさもコンパクトになったのです。更に、昭和後期から素材も天然皮革を使用していたのを、人工皮革製の物が出回って、今までより軽いランドセルが生まれました。

カラーやデザインのバリエーションが増えた現在!

現在のランドセルは素材は明治時代と変わりのない天然皮革や人工皮革のです。しかし製造方法が進化して、更に軽量化に成功しました。また男の子が黒、女の子は赤といった色ではなく、カラーバリエーションが増えて自由に選べるようになりました。またA4サイズの用紙が市場に出回ったためA4サイズがすっぽり入るランドセルが今の標準になります。

これで安心!ランドセルの基本情報

ランドセル

防犯対策!

テレビで子供が被害にあった事件を目にしたことがある人も多いでしょう。そんなことはあってはならないですが、もし、未然に防げたらと思っている人には防犯ブザーやGPS機能がついてるランドセルが良いでしょう。このページでは防犯の必要性について紹介をしています。

READ MORE
子供

素材と色

ランドセル素材は天然皮革か人工皮革です。各革の特徴を理解した上で選んであげましょう。素材はなんでも良いと思っている方は購入を待ってください!このページを見て購入の参考にしましょう。お子さんにあったランドセルがきっと見つかりますよ。

READ MORE
鞄

手入れ方法

ランドセルを6年間大事に使いたいと思う親も多いでしょう。そんな方のために、ページ内では無事に6年間使える手入れ方法を紹介します。ランドセルは子供の学業や万が一の時を守ってくれるため、大切に利用してあげましょう。

READ MORE
棚

選び方の注意点

子供の体質や身長や年齢によっても選ぶ基準はかわっていきます。そのため間違ったランドセルを選ぶと子供に負担をかけてしまうため、十分に選ぶ注意点について理解して購入しましょう。ちゃんとランドセルを選んでよかったという口コミ情報もありますよ。

READ MORE